西荻大全ブログ

管理人の日記・メモ帳のようなものです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月が始まると私はいつも憂鬱になります。
それは、シーズンテーマの原爆特集が始まるからです。
原水禁反対運動は、1955年に杉並の主婦から始まった全国的な運動です。戦後10年、冷戦下という時代背景もあったでしょうが・・・。一般市民の大量虐殺を行ったアメリカに対する非難は一切ありませんでした。子供だった私にも、不可解な運動だったという記憶しか残っていません。

広島で20数万人、長崎で73854人、また東京大空襲で14万人,少なく見積もっても80万人の市民が虐殺されたのです。60年も経った今、アメリカは未だ以て、一般市民を大量殺戮した事への反省・謝罪は一言もありません。日本は、政府は勿論、報道も一切、非難無しなので、アメリカも反省・謝罪の必要を感じていないのでしょう。

原爆慰霊碑の碑文が破壊されたようです・・・「過ちは繰り返しません・・」の「過ち」の文字だそうです・・・こんな碑文では、死者は浮かばれないでしょう。「過ち」は国際法に基づいた、国家と国家の戦争で、非戦闘員を・一般市民を大量虐殺するという、ルール破り・暴挙・残虐行為をしたアメリカにあるのです。

TV・報道は相変わらず何十年も、単に、原爆・大空襲の悲惨さ・悲劇を訴える「過ちは繰り返しません・・」というモードに終始しています。憂鬱な8月が早く終わって欲しいです。
スポンサーサイト
2005.08.05 04:20 | 平和 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://taizen1.blog44.fc2.com/tb.php/8-bc0e79b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。